全身脱毛するなら飲酒は厳禁!

全身脱毛する場合、飲酒は避けなければなりません。

基本的に全身脱毛前後の飲酒はダメです。なぜなら、お酒を飲むと体の中の血流状態が変わるからです。

そうなると施術中、トラブルに見舞われる可能性があります。脱毛サロンで全身脱毛する場合、光脱毛で行います。光を当てることで毛根がダメージを受け、1、2週間くらいで毛が抜け落ちていきます。光脱毛は、照射した部分の皮膚にもある程度ダメージを受け、熱を持ちます。

全身脱毛する時に飲酒すると体温が上がるので、脱毛の妨げになってしまうのです。飲酒すると体が温まるので、脱毛の肌トラブルのリスクが高まることになります。そのため、全身脱毛する場合、飲酒は避けなければならないのです。

基本的に全身脱毛の施術前後は、飲酒は禁物です。脱毛の施術にマイナスの影響を与えるのが飲酒なので、施術する前日は飲酒は厳禁です。前日に飲酒すると当日までアルコールが残っている可能性があります。

飲酒後12時間は通常の体温に戻らないので、全身脱毛前日は飲酒を控え、体温の上昇を防がないといけません。全身脱毛するなら飲酒は厳禁です。