月別アーカイブ: 2016年6月

脱毛は自分でできるの??

効果を重視するならば脱毛サロンがお勧めされますが、やはり出来るだけ出費を抑えたいと思う人が多いと思われます。女性ならば誰もがむだ毛の自己処理を行っているでしょう。

その方法も様々で一般的な方法としてあげられるのがカミソリやシェーバーなどで剃る方法です。広範囲のお手入れが可能ですが肌への負担が大きいのがデメリットです。

毛の生え方に逆らわないように剃ると綺麗に剃る事が出来ます。

次にピンセットなどで毛を抜く方法です。痛みが強いのが難点ですが綺麗に仕上がり易く、効果が長持ちするのがメリットです。他にも脱毛クリームで毛を溶かしたり、脱毛剤で色を抜く方法があります。

両方とも痛みが無く、クリームは携帯出来るので何処でも脱毛出来ます。しかし肌の弱い人はかぶれてしまう場合がありますので注意が必要です。

もし金銭的余裕があるならば脱毛機器の購入が一番効果的な方法かもしれません。それも面倒ならば脱毛サロンで全身脱毛をしてしまうのもおすすめです。脱毛器で脱毛をするのも脱毛サロンで全身脱毛をするのも実際にはそこまで料金は変わりません。そのため、脱毛サロンでも人気の銀座カラーの料金を調べて全身脱毛を千葉で行ういうのもおすすめです。

どれも簡単に自己処理出来る方法ではあります。ここでより綺麗にしあげるポイントとして処理前と処理後は保湿で肌ケアを怠らないようにしてください。自己処理はサロンと違って肌へのダメージを与えやすいことに注意する必要があるのです。

全身脱毛するなら飲酒は厳禁!

全身脱毛する場合、飲酒は避けなければなりません。

基本的に全身脱毛前後の飲酒はダメです。なぜなら、お酒を飲むと体の中の血流状態が変わるからです。

そうなると施術中、トラブルに見舞われる可能性があります。脱毛サロンで全身脱毛する場合、光脱毛で行います。光を当てることで毛根がダメージを受け、1、2週間くらいで毛が抜け落ちていきます。光脱毛は、照射した部分の皮膚にもある程度ダメージを受け、熱を持ちます。

全身脱毛する時に飲酒すると体温が上がるので、脱毛の妨げになってしまうのです。飲酒すると体が温まるので、脱毛の肌トラブルのリスクが高まることになります。そのため、全身脱毛する場合、飲酒は避けなければならないのです。

基本的に全身脱毛の施術前後は、飲酒は禁物です。脱毛の施術にマイナスの影響を与えるのが飲酒なので、施術する前日は飲酒は厳禁です。前日に飲酒すると当日までアルコールが残っている可能性があります。

飲酒後12時間は通常の体温に戻らないので、全身脱毛前日は飲酒を控え、体温の上昇を防がないといけません。全身脱毛するなら飲酒は厳禁です。